橅工房だより  (buna工房だより)

tezukuriya.exblog.jp
ブログトップ

田んぼの落水

あきたこまちを植えた田んぼが、穂もかなりおじぎしてきてましたので、
本日、最後の田の草取りをして、落水することにしました。
f0234981_23183430.jpg
この夏にして、珍しい晴天の下に、実った田んぼが広がってきれいです。
f0234981_23195371.jpg
まだ穂は緑ですが、水引の悪い田んぼですから、早めの落水にしました。
いつも、稲刈りに苦労していますので、いつもより10日ほど早めです。
f0234981_23263885.jpg
オモダカなどの雑草がたくさん生えてきていましたので、落水前に除草しておきました。

[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-08-17 23:28 | 田んぼ | Comments(0)

ぶどう盛り

5年前にうえておいたブドウの木が大きくなって、
摘果、摘粒、消毒などして面倒をみたら、なかなかりっぱなブドウが実りました。
f0234981_22215733.jpg
f0234981_22224267.jpg
袋をかけておいたら、虫に食われることも少なくて良かったです。
キャンベルアーリーという香りのいい、すこし酸っぱい品種です。
今年は、夏の日照が足りないので、甘みののりが今ひとつですが、まずまずです。
お盆のお供えなどに知り合いの人に、おすそ分けしたりしました。

[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-08-15 22:25 | 手づくり | Comments(2)

田んぼ、まもなく花が咲く

稲にも早生と晩生がある。
うちの田んぼは、1枚は早生のあきたこまち、1枚は晩生のあさひの夢を植えてあります。
1枚目のあきたこまちはもう花も咲き、稲も小首を傾け始めていますが
あさひの夢はまだ花も咲いていません。
f0234981_23081120.jpg
もうそろそろ花が咲いてくる頃だと思います。
しばらく晴天がつづくといいのですが、今年の夏は天候不順ですのでどうなるのでしょうか?
ここからが、大事な時期に入ります。

[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-08-14 23:13 | 田んぼ | Comments(0)

小玉すいかを種から育てる

f0234981_22340006.jpg
f0234981_22480105.jpg
素朴な疑問があります。
それは、できた野菜の種から萎えを育てて、ちゃんともとの性質を持った作物は育つのか?
というものです。
そこで、今年は、いろいろな野菜を去年取り置いた種をまいて育ててみました。
小玉すいかもその一つです。

種は、一個のすいかにいくらでも入っていますので、どんなもんかと思って
たくさん撒いて、間引きを重ねて、最終的に4本の苗にしたてましたところ、
写真のようなすいかが実りました。

ただ、苗はすいかが育つ途中でなぜだか枯れてしまいました。
実り途中ですから、種が白いままです。

味はというと、まさしく小玉すいかでした。
甘くおいしいものでした。
昨年食べたものと同じ味でしたので、形質はそのまま受け継いでいたのではないでしょうか。
でもいつもは、接ぎ木の苗を買いますが、今年はそうではないので、なんらかの病気にかかって枯れてしまったのでは
ないかと考えています。
この先は、だれか専門家に聞いてみたいものです。

ちなみに、赤パプリカと黄パプリカも育てましたが、それはまったくだめで、
野生化したようなおかしなちいさなピーマンがひねてついているまま大きくなりませんでした。


[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-08-10 22:48 | 畑仕事 | Comments(0)

ウナギ釣り

気がついたら夏になってしまいました。
いそがしさにかまけていたら、ブログがお留守になってしまいました。
日記がわりにぼつぼつ始めようと思います。

夏と言えば、ウナギ釣りということになっています。
暑い日に、川に入っていくことは、すこぶる気持ちがいいし手間と時間はかかるけれど
天然のウナギがボツボツ釣れますので、出かけていってしまいます。

A川とT川で、今年は今のところ6匹の釣果となっています。
f0234981_22064865.jpg
これは、85センチの大ウナギです。
腕くらいの太さがありました。

f0234981_22124406.jpg
これは、52センチのほっそりしたかわいい子chanでした。
f0234981_22173174.jpg
こちらは、60センチくらいのいい型のうなぎでした。
それぞれ違ったポイントでかかってきました。
いつもよくかかるところでもかかりますし、はじめてのところでもかかってきます。
季節と、川の水量によって釣果が決まるようです。
でも、運が大部分かも?

[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-08-10 22:21 | 魚釣り 渓流釣り | Comments(0)

春の味いろいろ出てきました

この冬は、ひときわ寒く,何かしら忙しくしておりましたら、
記事を更新することをすっかり忘れてしまっていました。
時間の経つのははやいもので、高原地帯にも春がやってきて桜も今が満開です。

田んぼの準備も、そろそろ開始となり、畦塗りのための畦切りをしていますと
トトキがそろそろ顔を出していました。
蛙の卵も何カ所かに生んであって、黒いおたまじゃくしがたくさん泳いでいました。
f0234981_13592707.jpg
スイバの芽に、トトキ(ツリガネニンジンの芽)、ヨモギの新芽、今日の晩ご飯のおかずに天ぷら
にしようと思います。
f0234981_14261931.jpg
家の周りにたくさん植えてある擬宝珠の新芽です。
これは、すこぶるうまい。
野菜よりずっとうまみがあって、春先野菜が少ない時期には必需品の山菜です。
収量も非常にあります。
f0234981_14290773.jpg
椎茸も雨が降るたびにニョキニョキ生えてきます。
少し太陽に干してから料理に使うと香りも立っておいしいものです。
先日、今年の椎茸菌も何本か、打っておきましたので、2年後には椎茸が生えてくることでしょう。

[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-04-17 14:31 | 季節の味 | Comments(1)

雪降り

 寒い1日です。
この冬一番の寒波かなと思います。
周りは一面の雪景色になりました。
f0234981_23445880.jpg

息子のところに、昔からの友達が遊びに来ました。
夕方からかまくらを作るといって外に出て行きました。
夜になって3人はいれるほどのかまくらが出来上がっていました。
f0234981_23483856.jpg

昔から知っている友達なので、うれしくなって作ったのでしょうか?
また夜の間につもるのでしょうか?
[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-02-11 23:49 | 身近な話題 | Comments(2)

天然ひのき

薪を割っていましたら、きれいな年輪のあるひのきが時々出てきます。
ほとんどのものが、年輪の間隔が開いていて、白い切り口なのですが、
年輪が中央から密につまっているものがあります。
f0234981_2258679.jpg
これは、腐りが入ったところがありますが、年輪がとても密できっちりしています。
たぶん、植林でなくて天然のものだろうと推測できます。
こういうひのきは、きれいにぱしっと2つに割れてくれます。

小さいうちから日当たりに欠けているので、年輪が密になるのでしょう。
植林ものは、子供のころからまわりがきれいに刈り取られたところにうえられるので、
日当たり良く、成長がはやいので格段に年輪が粗くなっていきます。
こんな天然ものをみると、なにか作ってみたくなります。
[PR]
# by tatamiyamoto | 2017-02-05 23:03 | 身近な自然 | Comments(2)